周辺観光

〝多幸(たこ)と福(ふぐ)の島〟日間賀島へようこそ!

愛知県・三河湾に浮かぶ日間賀島は、周辺にある2つの有人島(篠島・佐久島)と比べ、最も小さく最も人口の多い島です。古墳時代の土器が出土するなど、古くから漁師町として栄えていた歴史があります。島内の路地は道幅が狭く入り組んでおり、歩くだけでも異国の雰囲気が味わえるのも魅力♪そんな日間賀島の定番スポットを、カテゴリ別にご案内します!

歴史に触れる

日間賀島資料館

昔のサメ漁から現在のタコ漁まで、さまざまな漁具をわかりやすく展示。数千年前の出土品も見られます。東には、クロマツ林があります。入場無料、水曜休館、開館時間は午前9時~午後5時。

日間賀神社

境内には、7~8世紀の古墳が14基ほど見つかっており、古くから人が生活していたことがわかります。境内からはサンセットビーチの砂浜が一望でき、絶景スポットとしても人気です。

安楽寺

ご本尊は、〝タコの島 日間賀島〟の由来ともなった、「蛸阿弥陀如来」。漁師の網に掛かり、引き上げられた如来様を大ダコがしっかりと守っていたからと伝わっています。現在でも、産後110日目や誕生日、七五三に氏仏様をお参りする風習が残っています。住職から、法話や民話が聞けることも。

大光院

創建は、飛鳥時代の725年。知多新四国八十八ヶ所の霊場のひとつです。東港近くの高台に立っており、三河湾を見下ろし、遠く渥美半島が眺望できます。風の強い晴れた冬の日には、富士山が見えることも。

呑海院

元亀元年(1570年)に創建された、知多四国八十八ヶ所巡りの四十八番礼所。本尊の弘法大師像は、鯖を抱いています。境内には、赤穂四十七士の一人・大高源吾のへその緒塚などがあります。

海の体験

サンライズビーチ

遮るものなく日の出が眺められる、東港近くのビーチ。ここでは、地引網体験ができます。海は遠浅で、監視所や救護所もあるため、小さい子どもも安心です。

サンセットビーチ

きれいな夕陽が見られる、波が穏やかなビーチ。プライベートビーチ感覚で楽しめ、夏にはさまざまなイベントが開催されます。

ビーチテラピー

潮風リラクゼーションやマッサージ、海水フローティング、砂浴など、心も体も癒してくれるプログラムが満載。疲れた体に心地よさそうです。問い合わせは日間賀島観光協会へ。

潮干狩り

〝通常の3倍のダシが出る〟といわれる日間賀島のアサリ。街では高額で取引されるこのアサリが、潮干狩りで採取できます。毎年5月から始まります。※日間賀島漁業協同組合指定の貝袋(有料)を購入のうえ、お出かけください

漁業体験プログラム

本格的な漁業体験ができます。底引網漁したり、漁船に乗って魚介類を水揚げしたり、好漁場ならではの体験で、漁師気分が味わえそうです。

日間賀島の冒険

タコのモニュメント

西港・東港にいる愛嬌たっぷりの大タコのモニュメント。実は足の上げ方が少し違うとのこと。日間賀島の定番撮影スポットです。

マンホール

日間賀島にしかないマンホール。かわいらしいタコやフグの絵が描かれています。ぜひ見つけてみて。

巨大迷路

日間賀島の道は、クネクネ曲がってまるで巨大迷路。Y字やT字などの分かれ道や、行き止まりの狭い道ばかり。あてなく探検すれば、思いもよらないお店が見つかるかも。

島のにゃんこ

道を歩くと、あっちにもこっちにも猫の姿があります。

網を作るおじいちゃん

漁で使う網を作っているおじいちゃん。漁が盛んな日間賀島ならではの光景です。

タコの干物

秋から冬にかけての、日間賀島の風物詩「干(ひ)だこ」。「ひっぱりだこ」の語源ともいわれているそうです。

海を見渡すベンチ

北側の堤防の上には、海に向かって座るベンチが。時間を忘れて、いつまでもぼーっと過ごしていたい場所です。

ハイジのブランコ

大きな木にかけられた、「アルプスの少女ハイジ」に出てきたようなブランコです。子どものころにあこがれた人も多いのでは。撮影スポットにおすすめです。

半田警察署 日間賀島駐在所

日間賀島の名物・タコをモチーフにした外観のデザインが特徴。数々のメディアで取り上げられ、今では有名な観光スポットに。

海に向かって立つ標識

「なぜ標識が海に向かって立っているのだろう」と不思議な光景。この標識は複数あり、それぞれが重なった延長線上には海底電線や水道管があるため、錨泊したり底引き網を使用したりしないようにという意味があるようです。

島のイベント

ぎおん祭り

250年余りの歴史がある「ぎおん祭り」は、龍神(海の神様)に豊漁と海上での安全を祈願するお祭りです。250年余りの歴史があり、毎年、7月の第2土曜日が例祭日です。

たこまつり

毎年8月12日に行われる「たこまつり」は、日間賀島の儀業の主役・タコへの感謝と供養を行うお祭りです。地元の子どもたちによる神輿担ぎや、タコのつかみ取り、太鼓やダンス、花火などが催されます。

キッズアドベンチャー

毎年5月にやってくるイルカとの触れ合いや、シーカヤック体験、いかだ作り、ターザンロープで海の中へ一直線!など、子ども達がたっぷり楽しめるアドベンチャーがいっぱい。問い合わせは日間賀島観光協会へ。☎0569-68-2388

ドルフィンビーチ

イルカの見学のほか、触れたり、一緒に泳いだり…間近でかわいいイルカたちと遊べます。